一定期間更新がないため広告を表示しています

職人さんのお顔がわかるお品。
そんな商品をたくさん扱っているのが、和雑貨のお店です。
不思議なんですけど、和雑貨のお店って、商品に対する想いが深いように感じます。


こんなことを言ってはいけないのですが、その商品が、数百円だろうが、ん万円だろうが区別なく、作り手の照会や、素材のことなど訪問者にていねいに説明をしてくれます。


とくに京都のお店って、そういう空気を感じます。

和雑貨がすきな私は、購入を迷ったら、まずお店に電話をしてみるんですね。
リサイクルやリメイクもので、身につけるものや、贈り物にまよったとは、よく電話します。


もちろん、お店の様子を知るのが一番の目的。
その次に、わたしは 京都ことばが好きなんです。
だから、単純に あの独特なニュアンスを、トーンを聞きたい。
聞かせてもらって ほっこりしたいんですよね。


でも、案外 標準語だったりもしてがっかりすることも。
逆に、ゆっくりしすぎてて、はよう 要件にストレートに答えてよってイラっとすることも。
それは、自分の気持ちがささくれだっていて、こころが急いでるという危険信号 アラームなんですよね。


急ぎすぎてるぞと感じたときには、こんなアイテム。








夢花姫/小物入れ【送料無料】【和雑貨 かわいい 和柄 和風 和小物 京都 お土産 夢み屋 ホワイトデー 母の日 御祝 つまみ細工 ピンク 花 デコレーション】 05P30May15【RCP】



価格:
5,400円


(2015/09/06 14:32時点 )


感想:0件





京都の夢み屋さんには、こんな手の込んだお品がたくさん。

リアル店舗もあります。


大きな画像で見てください。

丁寧で緻密なつまみ細工です。