一定期間更新がないため広告を表示しています

先日、還暦を迎えた知人が、嬉しい贈り物をもらったと教えてくれました。
持っていると おとなになった気分なんだとか。
でも、還暦って立派なおとなですよね。


それまで、仕事一筋で生きてきて、違う分野の人との交わりがなかったんですって。
でも、それとその贈り物がどう関係するのかな?

渋いアクセサリーでももらったのかな。

この推察は遠くはなかったようです。
というのも、この方・・・女性です。仮にMさんと呼びますね。
Mさんは大学卒業後、ずっとデザイン企画会社で庶務の仕事をしてこられてました。
比較的、まわりの人間は、イマドキなファッションに身を包み、流行を敏感にかぎわけるタイプの人が多かったそうです。
気づけば、年配は自分くらいで・・・つまり人の出入りが激しい会社で、いつも年下の人に囲まれていたそうです。

だから、若くいられたのかも。と、自画自賛。
まー確かに、還暦と言われてもピーンとこない外見です。

そんなMさんが、お姉さんから柿渋のお財布をプレゼントしてもらったんですって。
いま、自分が持ってるバッグとは合わず、自分自身にも、なんだか年寄りが持つような感じがして、しっくりとこなかったんだとか。

でも、これが人間の身勝手なのよね。と、彼女が話してくれたのが、若いデザイナーさんが、柿渋のハンティングを愛用しているという話です。
彼は、柿渋の魅力をMさんに話してくれただそうです。

そして、驚いたのは、彼が愛用している柿渋は、それだけじゃなくて、財布にかばん、ベルト、名刺入れ。
そして、この時期からは柿渋石鹸が洗面所に登場するのだとか。

買うときは高いので、まだお給料があまりないときは、躊躇もしたけど、彼の柿渋好きはおじいさんの影響なんだそう。おじいさんが、どんな人かは聞きそびれたけど、彼と同じデザインの仕事をしていたそうです。
今で言うとクラフト作家さん。モダンですね。もっとも、大正の時代なので、大正モダンは時代の先端。ありえます。


柿渋。

わたしんは、まだその魅了がわからないけど、色は好きです。
アウトレットで、お安く買える京都のお店も知っています。
通販でも買えるんですよ。

ただし、訳ありやセール品の返品はきかないので慎重に選ばないと。

母の日のギフトにもいいですよね。
経年で、色が変わっていくのが楽しみなんだそうですよ、愛用者は。
てことは、長く使えるってことですね。
しかも、このお店は化学染料を一切使いません。
環境にも配慮しています。

物を買うなら、そういった環境に配慮しているものつくりのお店がいいと思います。

ただ、お買い物をするのではなく、どんな会社や作り手がいるのか。
そんなことが気になりだしたのは、たぶん、スーパーで地産地消のお野菜コーナーを利用するようになってから。

ときどき、商品の追加に現れた農家の方に、いつもおいしいお野菜をありがとうございます。と、声をかけると、すごく驚かれるのですが、満面笑みで嬉しそうにしてくださいます。
なかなか、作り手と買い手が顔をつき合わせることってないですからね。
あったかいコーナーだなって思いますね。

そうそう。
柿渋。

かばん、こんなのがアウトレットになってるんです。
スタートは、自分用に。でもいいかな。



ちょっとみでは柿渋ってわかりませんね。
使い込む価値がありそうですね。

お値段は、この人気柿渋バッグのアウトレット価格は