一定期間更新がないため広告を表示しています

和風な髪飾りを、ご紹介しますね。

かんざし屋
さん

かんざしって、すごく懐かしい響きの言葉です。

かんざしって、江戸時代のイメージなんですよね、わたしの中ではですね。
それも、町娘がつけていた丸いシンプルなかんざし。

かんざしも、着物も素材で身分の差を表していた時代でしたね。

いまでも、柘植は高級ですね。

珊瑚なんて、昔はお土産やさんにたくさんありましたけど、いまはどうなのかな?
貴重なものですものね。象牙なんて、もってほかですよね。

日本には美しい織物があります。
染物があります。
なにしろ、布は優しい。
子供さんから、お年寄りまで、きれいにかわいく上品に、飾ってくれます。





造花/レースで、つくられた牡丹の髪飾り。

この牡丹の画像をクリックしていただくと、和風な髪飾りの一覧を見ていただけます。
ほかにもアジアンテイストなもの。
洋風なもの ありますので、ご覧くださいね。

では、わたしがご贔屓にしている 京都の和雑貨や 古布つこぅて和雑貨つくってます『おはりばこ』さんの髪飾りのご紹介です。

はい、こちらから おはりばこさんの髪飾り 全部 表示してますので、ご覧いただけます。






なかでも、この薬玉の上品なクリップは、母の日のプレゼントにもお薦めです。
薬玉かんざしは、つまみの手業で、ひとつひとつ作られています。
材料は絹です。
通常は、羽二重でつくられるのだそうですが、生地が薄いので、ここまでのふくらみを出すのは難しいらしく、羽二重よりも厚手になる絹で仕上げたそうです。
しかし、小さな髪飾り。
シロウトが考えても、厚手の生地をつまんでいくのは、至難の業だと思います。
だからこその、ひと品です。

自分で作れるようになれるといいなぁーって、ちょっと思ってしまいました。

このつまみの髪飾りは、一点ものです。

ほかにも数点あります。
目ノ保養にもお薦めです(^^)ご覧くださいね。

つまみ細工の髪飾りは、こちらです。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL