一定期間更新がないため広告を表示しています





古都・奈良で生業を営む 中川政七(なかがわ まさしち)商店さんのブランドご存知ですか?

そのまえに、中川政七(なかがわ まさしち)商店さんってどんなお店?
奈良晒(さらし)という布を使って、生活に潤いや機能性を与える道具をつくっているお店です。

晒って、どんな布でしょう?
そもそも さらす って、あまりよくないイメージがありますよね。
さらされた って、明るみにされた。暴露された。裸にされた みたいなことですからね。

晒の布も、本来 もっている繊維の色を抜いて白くしたものを言うので、あながち遠くはないのです。
もしかすると、晒から、さらす は、来てるのかもしれませんね。

素材は、麻や木綿になると思います。
素朴で、質素で、手触りが温かくて、わたしは好きな布です。
でも、この木綿は、なかなか日本に定着するには時間がかかったようですね。

さらさって、ありますね。
インド更紗。こちらはずいぶんと古くから 古代といっていい時代から、作られていたようです。
更紗も木綿。
日本の木綿の源流も、インド更紗だと聞いたことがあります。
この更紗のことが、頭にあったものですから、中川政七商店さんのブランド名が、粋更(きさら)と知ったときは、なんとなく そうなんだーと、すーっと心に入ったことを思い出しました。

きさら。
いい響きですよね。

その 粋更(きさら)シリーズを、ご覧ください。
京都祇園に実店舗を構える「ノレン」は、かんざし・手ぬぐい・がま口など和雑貨全般を企画・生産するコラゾンが運営するセレクトショップ
その『ノレン』の粋更(きさら)シリーズ コーナーは、こちらです。
どこか懐かしい粋更(きさら)シリーズを、ご覧ください。


中川政七商店直営店は、こちらです。

もちろん、遊中川の商品もありますよ!!





遊中川のお雛はんは、どこにもない楽しくて、新しいスタイルです。

2月5日まで、SALE中。
是非 ご覧くださいね。


コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL