一定期間更新がないため広告を表示しています

着物市開催!帯、帯止め、和装コートなど、この冬は和装美人にトライ!高級品がお値打ちに!


11月26日までの企画です。
お見逃しのないようにチェックしてみてくださいね。

この企画に商品を発表している オンリーワンな着物やさんから、愛らしい帯飾りの ご紹介です。
こちらは、加賀繍(かがぬい)という技法で、つくられています。
ひとつひとつが、手作りであることは、もちろんですが、伝統工芸士さんの手による帯飾りということで、ご自身が使われても、また 贈り物に差し上げても、喜んでいただける贅沢な帯飾りです。

精巧で繊細に作られているので、帯にさして落としては、たいへんということで、バッグに偲ばせお守り代わりにしたいという人もいるようです。
それほど、大切にしたい 布と糸でできた宝石のような帯飾りです。

共同購入で、たくさんのかたの目に止まり、少しでも多くの方が、手に出来るといいなと思います。



加賀繍(かがぬい)の美しさは金糸や銀糸をはじめ、多種多様な絹の色糸を、一針一針手で繍い上げて描き出される模様や絵にあります。繍加工は15種類に及ぶ伝統的な技術・技法を用い、生地に繊細で格調高い文様を刺し込んで完成させます。また、繍加工に使用する繍針(ぬいばり)も手製です。いずれも熟練を要するため、一人前になるまでに10年はかかると言われています。














コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL