一定期間更新がないため広告を表示しています

夏着物の話題も、そろそろおしまいと言っていい季節です。

風が心地よい 秋の気配となりました。
気配と書いて、けはい。
リ と、送り仮名をつけると きくばり。
漢字って 小さなことで、大きく変わりますよね。

すごく豊かな国に、いるんだなーと、そんなことを考えてしまいました。

秋色というと、わたしは稲穂を想像します。
うちの周辺は、まだまだ 田圃も畑もある おどかな場所。

今はまだ、稲は青々としていますが、9月も半ばとなると、稲穂が実り、やがては黄金色に輝くようになります。
なので、秋から初冬にかけての 色のイメージとなると、黄色や黄金色が浮かびます。

柿も色づいて、柿色。

いいですね、秋色。

落ち着きます。

そして、すこし おセンチな気分にもなりますね。

送料無料!

在庫処分SALE28%OFF★
《きはる》【プレタ丹後綿ちりめん単衣着物】

こげ茶地にオレンジ細格子
まさしく秋の装いです。

秋の着物セールは、こちらからどうぞ。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL