一定期間更新がないため広告を表示しています

伊勢型紙模様江戸小紋
の寝具、渋い色身が落ち着きます。
我が家では、夏はしじらなんですけど、これからは、和風モダンで
シックにまとめてみようかなと考えています。
でも、自宅用は案外、無難でお安いもので何枚も買って洗い替えというのが
例年のパターンですね。

贈答品や、来客用では、結構 吟味するのは、誰も同じかな?
見栄っ張りなのかなぁ〜

さて、この江戸小紋 近くでないと模様がはっきりとはわからず
遠目には無地に見えます。
江戸小紋というくらいですから、江戸時代に流行しました。

当時の華美な暮らしを戒めるように質素に、でも おしゃれにという
発想から生まれた模様で、型染めです。
その江戸の時代から現在にまで伝承されている小紋の意匠を施された
布団カバーです。
おちついた色合いに和みます。


コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL