一定期間更新がないため広告を表示しています

着物のランキングを、ご覧くださいね。
やはりビギナーさん向けのセットものがダントツ人気ですよね。
着物ジャンル売れ筋ランキング


今は、30位になっていますが、きものすたいるさんの振袖が、
お安くなっています。
2万円台は、ほぼ売れていますが、それもそのはず、手書き友禅
なのですから。
色は、鮮やか。
こんな華やかな着物を纏ったら、まるで気持ちまで華やぎます。
これを、当たり前に身につけていた江戸時代までのお姫様は
本当に 贅の限りですよね。

この前、面白いクイズをしていました。
お姫様のクイズです。
お城が、敵に攻め落とされる事態になったとき、姫様は、自分が
着れるだけの着物を纏って逃げるのだそうです。
やっぱりね、着物が惜しいものね。
でも、そんなの着てると走れないじゃんと、思ったのは私だけ?

実は、その豪華な着物は、逃げるための手配や世話をしてもらうために
いわば、下工作のために使われたのだそうです。
逃げながら、手はずを整えてくれるように、チップのように着物を
与えていたのだそうです。







お値打ち振袖がいっぱい京友禅振袖「赤地に桜」<br />
こちら、2万円内です。
今はまだ、買い手が現れていないようです。
京友禅振袖「赤地に桜」




こちらが、27000円ほど。
京友禅振袖「ピンク地にサクラ」と、ご紹介している間に
良ければ、ごらんください。
モダンなのも、愛らしいのも、いろいろあります。
なにしろ、これなど16万円の定価の振袖です。

アンティーク着物もあります。
見てみてください。


コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL